プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国皇室復活すると良いですねー(棒読み
【韓国】大韓帝国皇室が復活[09/29]

最初、バーボン(´・ω・`) だと思った。最近、韓国で日本の親王誕生により、王族がうらやましいから「韓国王室復活させよう!」とかいうニュースあったけど、さすがに、いや、逆にだからこそ、釣りスレだと思った。

そう思いながら、スレを見て ;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン したのはこれで何度目だっただろう。

■大韓帝国皇室を復活、皇族会が皇位継承式を開催  聯合ニュース

 日本による植民地化のため没落した大韓帝国皇室の子孫が、大韓帝国皇室の復活を宣言した。「大韓帝国皇族会」が29日、ソウル市内のホテルで大韓帝国皇位継承式を行い、義親王・李ガン(1877~1955)の二女、李海ウォン(イ・ヘウォン)さん(88歳)を30代皇位継承者に推挙するとともに戴冠式を行った。皇族会はまた「文化大韓帝国」の総理大臣として孝寧大君(1396~1486)の子孫に当たるイ・ガンム聖民大学総長を、秘書室長に南延君・李球(イ・グ)の末裔(まつえい)となるイ・ソンジュ氏を任命した。皇族会は李玖(イ・グ)さん(29代皇位継承者)の他界などを契機に、大韓帝国の末裔ら10人余りを中心に結成されたもの。
 皇族会は「大韓帝国の皇室が日本により侵奪されて100年、祖国の解放から61年となるが、28代英親王・李垠(イ・ウン)の息子である李玖が昨年7月に東京で他界し、英親王家の血筋が途絶えたことから、李海ウォン氏を30代皇位継承者に推挙した」と説明した。李海ウォンさんは女性として大韓帝国皇室を継承し、皇室の代表全権、皇室の維持保存事業権、31代皇位継承者指名権などを持つことになる。
 イ・ソンジュ秘書室長は「今回の皇位継承は大韓民国にも皇室が存在していることを全世界に知らせるためのもの」と話している。皇族会によると、李海ウォンさんは生存している義親王の子女のうち最も序列が高いため皇位を継承することになったとし、女性が皇位を継ぐことも問題はないとしている。
 大韓帝国皇室の末裔が、没落した皇室の再建に向け具体的な行動を起こすのはこれが初めて。皇族会は今回の皇位継承の事実について、政府と海外の皇室関係者に正式に報告するとともに、海外の皇室との交流も進めていく計画だ。



じゃあ、まず細かい所でもツッコミ入れようか。
日本による植民地化のため没落した大韓帝国皇室
逆!逆!
日本によって、まず清から独立したので「皇帝」と名乗れるようになった。さらに、併合後は、その社会的地位を確約して、決して軽んじなかった(かなり高いほうの貴族の地位だったか。詳しくは知らないけど。)

それで、終戦後に、祖国へ帰ったら、国を裏切ったとか言って、没落させたんだろ?他でもないお前らが。記事中にも書いてあるように他界した先代というのが、日本のホテルで死亡したくらいだし。

しかし、どこまで本気なんだろ?当の韓国人も、あんまり気にしていないようだが。

こういうのは、基本的に"国家"と一緒で、自分達がそう名乗るからというよりも、他国がどう認識しているかですから。

ゆえに
今回の皇位継承は大韓民国にも皇室が存在していることを全世界に知らせるためのもの
だとか
皇族会は今回の皇位継承の事実について、政府と海外の皇室関係者に正式に報告するとともに、海外の皇室との交流も進めていく計画だ
なんてやった日には本気で笑われる。というか、良いネタね。(まあ、この手の「私は○○の子孫だから~ 王である」というのは、そんなに珍しくないっていえば珍しくないし。)

王室じゃなくて皇室と名乗る云々に関しては、まあ、大日本帝国時代に、皇室と名乗ることを認めてるから、しょうがないかな?まあ、あくまで漢字の話で、英訳で Emperor になるかは知らんが。

あと、どうでもいいことですが、服の色が黄色ですね。
東は青、西は白 というように、中国由来で方角には色がある。その中で、中央を表す色もあって、それが黄色。つまるところ、中華思想で王の色は黄色。やっぱり小中華のことだけはある。
(これで服に龍が9頭描かれていれば完璧なんだけどなぁ。)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

「かなり高いほうの貴族」ではなく王族です。
皇族に准ずる待遇です。
朝鮮王族の方が日本の地方にいらっしゃるときも
学生さんたちには動員がかかったそうですよ。
【2006/09/30 14:18】 URL | 6@新潟 #- [ 編集]

コメントどうも
あー、あくまで貴族ではなく準皇族でしたっけ。ご指摘ありがとうございます。
【2006/10/01 01:08】 URL | Eule@管理人 #lEPD.dko [ 編集]


こんにちは。はじめまして。
続いてきたものをなんの考えもなく途絶えさせてしまうと、復活させようとしても常にそこには胡散臭さが付きまといます。

中国、ロシア、フランス、どこも「革命」で王家を滅ぼしました。イギリス、日本などは、形を変えつつも維持してきました。政治も緩やかな変化を保ち、大変化が訪れるときには王や天皇が表に出て収めました。戦争に利用された時代もあるでしょうが、平和の時代の象徴としても良い役割を担っておられると思います。伝統は大事です。天皇制は庶民の心の文鎮みたいなものだと思います。

ロシア、フランスでは王を処刑したのは間違いだったという意見が多く聞かれるようになってきたようです。でも、一度失ったものは取り返しがつかない。他山の石としたいものです。この韓国の例もね。
【2006/10/05 16:15】 URL | 岡部 #- [ 編集]

コメントどうも
理不尽であっても歴史は歴史だと思いますが、感情的にはやはり雑感はありますよね。もっとも、後になって「しなければ良かった」というのは、普通に生活しててもよくあることですけど。まあ、そのイギリスだって清教徒革命でチャールズ1世殺して、クロムウェルの政策にうんざりした後に「しなければ良かった」と、王政に戻したわけだし。(そういう意味では、本当に連続なのは日本くらいですね。)

あと、心のより所というのはまさにそう思いますね。前に、私自身の天皇観のエントリーを書いた中で「人間の他者への依存性」は結構バカにならないと書いたんですけど、結局、王がいなければ、王の代わりに似たようなのが登場するだけで。それが共和国の大統領であったり、共産国家の指導者であったり。
【2006/10/07 00:24】 URL | Eule@管理人 #lEPD.dko [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/378-c2eaea4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

韓国皇室大復活

 さてさて、韓国に皇室が復活したという驚愕のニュースが流れたのは先月末のこと。... コリアン・ザ・サード【2006/10/03 20:58】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。