プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちゃんとオチまで用意するのがウリナラクオリティ
◆慶尚北道、竹島(独島)に巨大太極旗を掲揚し「未来志向の韓日関係」宣言 2ch東ア+
 60周年光復記念日の今月15日、「韓国領土 独島」で、平和のメッセージが響く。
 慶尚北道は今月15日午後、独島で、李ウィグン知事と各機関団体長、住民など
50人余りが参加するなか、光復60周年を記念して平和メッセージ宣布式を行なう
予定だ。
 行事では、独島領有権問題を巡って対立をもたらしてきた韓日関係の新しい突破口を模索する平和メッセージを宣布するとともに、横20m、縦70mの大型太極旗を独島の空に掲揚し、独島が韓国領土であることを全世界に再確認させるイベントも用意される予定だ。
 慶尚北道はこれに先だち15日午前10時、鬱陵島で光復節60周年記念行事を行なう。また、1948年6月30日に米空軍爆撃機の誤爆で死傷した漁民20人の慰霊碑の除幕式も同時に行なう。慰霊碑は1950年に独島に建てられたが、1959年に台風で碑石と基壇が破損したまま放置されていた。
 今回の行事は、今年3月に日本の島根県議会が「竹島(独島)の日」条例制定で再浮上した独島領有権問題について、両国間の未来指向的関係構築の方策を検討すると同時に、独島が韓国領土であることを再度強調する意味があると解釈される。
 慶尚北道はこれとは別に15~16日に、鬱陵島で文化観光省と共同で「日本の歴史歪曲と対応方向」をテーマとした光復60周年記念学術大会を開催する予定だ。
 慶尚北道関係者は、「光復の意味を振り返って、独島が我が国の領土であることを改めて全世界にアピールする宣言的な行事になる」としたうえで、「未来志向の韓日関係を模索してみることも意味がある」と語った。


挑発して、『未来志向の友好関係』

は?


ってなことを思っていた後日談↓
◆竹島(独島)の超大型太極旗が掲揚失敗でズタズタ。主催者側は隠蔽を図る(写真あり) 2ch東ア+
 慶尚北道が光復60周年となる8月15日の光復節を迎え、独島で超大型太極旗を掲揚しようとしたが、主催側の不注意で太極旗がズタズタに引き裂けたまま掲揚される事故が発生した。
 15日のこの行事は、慶尚北道が1500年前の西暦512年に立ち戻って「独島は韓国領」ということを再立証するための行事で、独島現地で大型太極旗を掲げることで国際的な声援と支持を確保するための行事だった。
 事実上この行事のハイライトである太極旗掲揚は、独島の東島船着場から東島頂上に繋がれたケーブルを利用して東島頂上まで45度方向に掲揚される予定だった。このケーブルは、独島警備隊が物資運搬に使っている。
 しかし主催側のミスで、横50m・縦20mの史上最大の超大型太極旗が掲揚される瞬間、ズタズタに破れ、そのまま独島上空に掲揚された。<中略>
 この大型太極旗は掲揚行事終了後に、独島を訪問する国内外観光客たちが「独島は韓国の領土」という直筆署名を入れて、独島についての新しい歴史の記録として独島博物館に保存される予定となっていた。
 こんな実情なのに慶尚北道関係者らはそのまま行事を強行し、行事がきちんと執り行われたという面目を保つために、前日に行なわれた超大型太極旗掲揚リハーサルの写真と映像をマスコミに提供しようと血眼になったりした。<後略>


さすが! コリア!
ちゃんとオチつけてくれた!
( ̄△ ̄)y─~.。oO(それにしても、破れた旗でも構わないってケチャナヨ精神には感服w)
スポンサーサイト

テーマ:日韓問題 - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/38-55724ddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。