プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16世紀に日本が「日本海」と世界に広報して嘘を広めたニダ
■日本の「日本海」表記主張の根拠である「西洋由来説」は虚構  メディアDAUM

 日本が「東海」に代えて「日本海」表記を主張してきた論理的根拠の核心である「西洋由来説」は虚構だとの指摘が出た。
 20日にソウル大で開かれた「第12回東海地名と海洋名称に関する国際セミナー」で、朝鮮大学校(日本)の司空俊(サゴン・ジュン)教授(地文学)は、「『19世紀初めから西洋で自発的に<日本海>名称を使っていたのだから日本海表記が正当だ』と日本政府が言っているが、これは虚構だ」と主張した。
 司空俊教授は、「日本は16世紀末頃から主要交易地だった香港やマカオなどに『日本海』表記の地図を流布し、19世紀に入っても活発な海洋交易を通じて西洋人に『日本海』を知らせてきた」と指摘した。
 日本はこれまで、19世紀初めに日本の鎖国政策にもかかわらず西欧社会で先に日本海を使い始めた、と主張してきた。これに対して、西欧社会が「分かって」日本海を使ったのではなく日本が「広報」したものであり、その効果が19世紀初め以降本格的に現われたのだ、というのが司空教授の主張だ。
(中略)
 司空教授のこのような主張に対して、ウィーン大学(オーストリア)のドーメルス教授(韓国学)らは「証明することができるのか」と問い返した。これに対して司空教授は、「日本が最初の『日本海』表記の地図だとする『坤輿万国全図』の製作者マテオ・リッチは、1583年の1月~9月に香港とマカオに滞在しており、この時に日本人と接触して得た情報を元に『日本海』を地図に表記して流布した。彼の日記や日誌を捜し出せれば、もっと正確な証拠になるはずであり、19世紀に江戸幕府が大々的な海外貿易をしていた状況は明確だ」と回答した。
 一方、今回のセミナーでは、「東海」の国際表記に「韓国海」(Sea of Korea)が代案として正式に提案された。李ドンス韓国海研究所長は、「我が国政府の『東海』表記主張を裏付ける適切な根拠が無いのが現実だ」として、「『東海は2000年間使われた固有名称であり日帝強占期に強奪された名前だから取り戻さなければならない』という論理では、日本の西洋古地図資料調査の結果にも正面対抗することができない」と指摘した。韓国が調査した19世紀以前の西洋古地図に「Corea」という国号がたくさん入っていたという調査資料もまた「東海」主張の論拠たりえない、というのが李所長の主張だ。
 李所長は、「韓国の『東海』に国粋主義的性格がないのか、日本の『日本海』単独表記に帝国主義的要素がないのかを、冷静に判断すべき時だ」として、「『東海』の国際表記として『韓国海』と『日本海』の併記も真剣に検討してみなければならない」と付け加えた。
 これに関連してドーメルス教授は、「『東海』名称をめぐる韓日両国の論争を賢明なものとするためには、韓国学界がもっと科学的な根拠と論理を持った主張と問題解決方法を提示しなければならない」と指摘した。
 「東海地名と海洋名称に関する国際セミナー」は、東海の名称を国際標準化するために世界的地名専門家を招請して毎年開かれる行事で、今年も今月19~20日の2日間アメリカやロシア、オーストリア、ブルガリア、中国、オランダ、イスラエルなど8ヶ国から約20人の専門家が参加して14編の論文を発表した。


・・・・・・・?

この教授の言い分が正しくても、間違っていても、別に「日本海」名称に何ら問題無いじゃん?

別に教授の指摘していたことが正しいとして、何にせよ、19世紀には日本海が国際名称として定着していましたと認めるだけじゃん。わけがワカラン。

16世紀に日本が「日本海」を広めたのはけしからんニダ!とでも騒ぐつもりか?

で、その教授の主張にしても、
司空教授のこのような主張に対して、ウィーン大学のドーメルス教授らは「証明することができるのか」と問い返した。
の答えが、
日本が最初の『日本海』表記の地図だとする『坤輿万国全図』の製作者マテオ・リッチは、1583年の1月~9月に香港とマカオに滞在しており、この時に日本人と接触して得た情報を元に『日本海』を地図に表記して流布した。
それ証拠って言わない。
彼の日記や日誌を捜し出せれば、もっと正確な証拠になるはず
だから、それを見つけてから主張しろよ。

ってかね、16世紀って日本は、一般的に「日本海」なんて呼んで無かったんだが。それこそ「朝鮮海」って呼んでたんだが?

19世紀に江戸幕府が大々的な海外貿易をしていた状況は明確だ
ヨーロッパ相手なら、オランダくらいなのに?大々的な海外貿易?新説? 何より前の文と、関係ないじゃん。

はいはい、じゃあ、教授の意見を認めるとして、16世紀から日本が「日本海」という名前だと広報活動を行っていたのね(笑)と言ってるそばから、同セミナーで従来の主張である、
東海は2000年間使われた固有名称であり日帝強占期に強奪された名前だから取り戻さなければならない
_| ̄|○ 16世紀に日帝無いじゃん・・・・ 

まあ、これがそもそもの「東海」主張の根拠であって、先の教授の意見はそれに反するから、わけがワカランのだけれども。

「東海」の国際表記に「韓国海」(Sea of Korea)が代案として正式に提案された
ああー ついにやっちゃうのね。韓国海。もはや、「日本」が入っているのが気に入らないだけニダ!って各国の関係者の前で言っているだけじゃん。

まあ、韓国人の論理としては典型的な、とにかく日本の主張潰そうと躍起になっているせいで、自分達の旧来の主張と思いっきり矛盾しているということに気づいてないようで。

これに関連してドーメルス教授は、「『東海』名称をめぐる韓日両国の論争を賢明なものとするためには、韓国学界がもっと科学的な根拠と論理を持った主張と問題解決方法を提示しなければならない」と指摘した。
多分、このドーメルス教授、物凄く呆れてるんだろうな。


蛇足ですが、日本の主張というのは、最初の「日本海」表記の地図は、記事中でも述べられているように「坤輿万国全図」だけど、国際名称として定着したのは1802年にロシア提督クルゼンシュタインが地図に明記したのが始まりだと言っているわけで、これを個別に考える必要がある。まあ、当たり前の話ですね。そう呼ばれたのはいつかと、実際に定着したのはいつかというのでは別問題だし。(まあ、何にしても18世紀末頃には定着していたというのが、外務省の主張ですね。)
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/387-c0398f3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。