プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオマス批判に対し少し
バイオエタノール!
初めて聞いたときは、エタノールのみで走るんだとばかり思ってたら、結局、単なる混合油で「本当に効果あるの?」と思っていたこともありましたが、その試験販売が始まったみたいですね。
中学校の参考書で、「これからはバイオマスの時代」なんて特集があったのを思い出しました。

もっとも「自然由来は良い」というのは、騙しの常道、古典的な手段ですから、あまり本気にはしてなかったですけどね。必ず何かしらの不都合がある。(というか、物事には必ず何かしらの不都合があるわけで、それがちょっとトリックを用いれば、まったく不都合が無いかのように思えてしまうところがミソなわけですが。)
案の定、去年の終わりだかに、ブラジルでエタノールの原料となるトウモロコシが輸出に傾いたせいで、国内のトウモロコシの総量が減り、国内での値段が高騰して一般国民を苦しめたというニュースが流れましたし。


さて、この辺りまでは、ちょっと調べれば出てくるし(おそらくウィキペディアなら載ってるんじゃないかな。)、おそらくバイオマスが普及していく中でこの手の批判は目に付いていくようになるんじゃないかなと思う。

ただ、その中で大豆を引き合いに出して、トウモロコシの値段が高騰すれば農家が大豆の生産を止めて、トウモロコシに傾倒するので、大豆の生産が大幅に減り、かつ、大豆の値段が高騰して食糧危機をもたらすという警鐘を鳴らしている人がいたので少し。

確かに大豆の生産が減って値段が高騰すれば、特に食料自給率40%の日本は大変なことになるでしょうが、重要な点を忘れてる。大豆の値段が高騰すれば、逆にトウモロコシから大豆に逆シフトする農家も現れる。
経済の基本というか、実際に農家はそうなんですが、ある農作物の値段が上がれば、そちらに農家は傾倒する。すると総量が増えるから、逆に値段は落ちる。別のところで、生産者が減った農作物は、逆に値段が高騰する。そしたら、移った農家なりが戻ってきて総量が増えるので値段は落ちる。
というような感じでシーソーゲームなんですよね。こういうのは。

エタノールのためのトウモロコシの需要にしろ、今は、実際のガソリンより数円高いから、使う人もいるという話で、大豆との値段調整が起こっていけば、やがて数十円増しとかになるでしょう。そうすれば、バイオエタノールの需要は減る。あとは言わずもがな。

だから、短期に見れば、多少の大豆の値上がりは起こるでしょうけど、長期に見れば大した打撃にはならないと思います。
(まあ、本当に経済の初歩なんですが、意外と有名な所がひかかってるので書こうと思った次第ですけど。)


今回のように、人間、騙しに対する非難は正しいと思い込む癖があるので気をつけたいですね。


まあ、何にせよ、バイオマスに対する非難自体を否定するわけじゃないです。値段の高騰は確実に起きるでしょうし、最初にあげたように既にブラジルで綻びが出てきてる。長期的に見て人間に不幸をもたらす可能性が強いから地球温暖化を抑えようというはずなのに、そのための方法が人間を不幸にするというのは皮肉なもんですね。
そもそも、地球温暖化自体、氷河期の終わりの延長線上にあるんじゃないの?まあ、さしたる根拠があるわけでもないですが。(それは、温室効果ガス説を唱える方も同じだけど。)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/435-123cd8f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。