プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞を信じられないと言っていいのは新聞を読んでいる奴だけだ
■マスコミに代わり年次改革要望書を読み解くスレ  ブログちゃんねる

年次改革要望書を知らない人が多いことは否定しないけど、メディアが全く取り上げたことが無いってのは無い。少なくとも、郵政民営化の辺りで反小泉派が鬼の首でも取ったかのように喜々として取り上げていたわけで。(そして小泉首相が年次改革要望書のはるか昔から郵政民営化を唱えていたとボコボコに叩かれたわけだが、それを知らずに未だ郵政民営化も米国の~ なんて言っている奴いるし。あるいは知っててアジってるのか。)

もっとも、要望書をどう見るかは別ですけどね。
ただ、小さい政府を目指すなら、米国の要望はかなり妥当なのが多い。指摘されて管理人が消しちゃったようだが(場所が場所なら炎上している)、タミフル関連の話とか。
「小さい政府が良い」って言っていて、「米国が命令するのは気に入らん」と言うなら、それは米国に文句を言うのではなく、米国に背中を押してもらわないと改革できない日本の政治家に文句を言うべきだ。年次改革要望書が気に入らないから、その案も全否定というなら、そりゃ馬鹿な話だよ。

別に要望書の大半が受け入れられているわけでもない。郵政民営化のように既に日本国内でも構想がある物が改めて書かれている例もある。その辺り一切無視して、命令書だなんだ騒ぎ立てるのはアジテーションって言うんだよ。ネラーが嫌いなはずの朝日お得意のやつ。
本来、年次要望改革書の論点は「要望書の無茶苦茶な点は拒否すべき」に帰結すると思うんだが。その点に関しては、日本も要望書を出していると言っている人もいるのに、要望書全否定している人とは残念ながら、かみ合ってない。


で、今回それとは別に思ったのが、その否定派の主張の不味さ。
例えば370が、「年金が民間に委託することが見えにくくなってる」とか言っていることなんて、年金とは何かわかってない以上に、新聞やニュース読んで無いだろ?としか言いようが無いし。(少なくとも新聞や一通りニュースを読んでれば、実現するかはともかく、年金の民営化を知らないなんてことは無いはずなんだが。)
397は、民営化したのに国家が補償を設けている方がおかしいだろう。(民営化後も国家が保障していると思ったなんて言う奴は、海賊版OS買ってMSを訴えた北京市民とさして代わらん。)そんな当たり前のことをアメリカが御丁寧に要望書に書いたのは、きっと397のような人がいるとわかってるからじゃないか?(苦笑)
(そりゃ当たり前のことにまで口出しされるのは腹が立つが、それ以上にアメリカが口出さないとその当たり前のことが行われない可能性がある日本政府に腹が立つし。)

まあ、赤旗出したり、ゲンダイ出したり、ゴー宣出してる時点で、今回のこの書き込んでいる人達の背景がある程度にわかりますけどね。(笑)

それにしたって、その発言から推測するに新聞やニュース読んでなさそうなのに、新聞が信じられないとか、国民の大半は知らないだろうって言っちゃうところに、今後のネットの危うさを感じますが。週刊誌の中身を鵜呑みにして居酒屋で高説たれるオッサンレベルなら実害も無いんだろうけど、そのスレしいてはエントリーの主旨は「国民は知らないから啓蒙する」って面があるからな~(とはいえ、その手段ってのが、どうせ関係無いスレやブログに現れて、テンプレ貼り付けるだけなんだろうけど。でも、そう考えれば実害無しかw)


ネットは既存のメディアを制すとか、色々言っているけど、結局、この程度なんだと。
前にPJやオーマイニュースの件でも言ったように、ネットはしょせん二次情報にのかっているだけという点に注意した方が良い。マスコミの二次情報が前提にある以上、それを無視することはできないし、まして超えることなど無理。
ネットができるのはあくまで二次情報の吟味することであって、マスメディアは信じられないから、マスメディアが提供する情報を見ずに、勝手な憶測に基づく情報を振りまくことではない。

結局のところ、マスメディアが、一見するとセンセーショナルな話題を持ってきた>>1か有力ブロガーにとって代わるだけでね。
スポンサーサイト

テーマ:雑感 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/446-4a7f38d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。