プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルパン三世のテレビスペシャル雑感
ルパン三世のテレビスペシャル版は大体評判が悪いけど、今回のは・・・ やっぱり悪いと思う(笑)

アニメ版は原作に忠実なpart1、3に対してアニメ独自の演出のpart2があり、そのpart2の人気が高かったため、テレビスペシャル版(及び映画版)は基本的にpart2で確立されたルパン三世でやってる。そのために、ルパン三世はかなり演出に幅がある。

一番端的にそれが現れれるのが銭形警部。
原作では全てパーフェクトで何でもできる万能な超設定の人物。その個人ステータスは主人公のルパンさえ上回るんじゃなかったかな。射撃の名人・次元よりも射撃が上。それがpart2では完全な間抜けな警部として描かれてしまったために、作品によってカッコ良かったり、とことん間抜けだったりする。私はカッコいい警部が好きだが、テレビスペシャルでは「炎の記憶」と「アルカトラズコネクション」くらいじゃないか。とっつあんがカッコ良かったのって。

銭形警部論は置いといて、
そんな感じでルパン三世は各作品で結構、ギャグ要素が多かったり、シリアスだったりと、幅が大きい。で、ギャグ要素が高かった話でも、シリアスだった話でも面白い作品は面白いんだが、テレビシリーズはその辺振り回されて失敗が多いんじゃないかと思う。

ここの所、基本的にシリアスなパターンが強かったから、一転して(あるいは40周年記念?)Part2のようなノリを増やしたんだろうけど、中途半端すぎて二時間スペシャルでこれは無いよ。ボスキャラの魔毛がギャグキャラに落ちてるのはやり切れん。(アイキャッチは良かったけど。)

実際、ここのところ、みんな中途半端なんだよな。どうせぶっ飛んだ設定使うなら、「くたばれノストラダムス」に登場した超高層ビルや「アルカトラズコネクション」みたいなJFK暗殺事件は実は・・・ みたいなところまでやれば面白いのに。「お宝返却大作戦」は宇宙人とサクラダファミリアなんてぶっ飛んでていいなと思ったが、基本がギャグだったから、せっかくの設定が台無しだったし。(「お宝返却大作戦」はOPも素晴らしかったと思ってる。逆に「アルカトラズコネクション」は何でいつもと違うOPだったのか未だに不思議。)

ルパン三世のテーマのOP(BGMに合わせて敵集団から逃げる)で、黒幕やお宝がぶっ飛んだ設定で、基本はシリアスだが所々にギャグ要素入れて、銭形のとっつあんがカッコ良い作品を望む!


あと有名人を声優に起用するってのいい加減、止めにしないかな。
勝手な憶測だけど、有名人を声優に起用するというのは、多分、アメリカのやり方に倣ったんじゃないかと思う。例えば「ポーラエクスプレス」の声優をトム・ハンクス、比較的最近だと「森のリトルギャング」でブルース・ウィリスがやったとか。これらは、アニメ自体を有名人が声優をやっていると売り込む意味もあるけど、それ以上にハリウッドスターという役者が声優をやっているところに意味がある。そもそも、アメリカには声優という職業は無い。声優は俳優が演じるわけで、さらに「アニメは子供の見る物」という考えが強いので、一般的なアニメの声優は「俳優の卵」がやってるくらいだ。(まあ、アメリカの場合、外国映画やドラマの吹き替えってのも日本と比べて少ないだろうし、余計に声優という職業が成り立たないんだと思う。)
だから、トム・ハンクスやブルース・ウィリスといった有名な役者が声優をやることには、単に「有名人を声優に使った」という意味だけではなく、「声優に良い声優を使った」という意味もある。

代わって日本の場合。
良い俳優(或いはそれに通じるような職種)が声優をやるわけじゃない。単に有名だから声優をやった。それを話題にするためだけに。
今は「アニメを売る」が目的だけど、そのうち、ドラマや実写のように、「ある人物を売るため」にアニメの声優にすると事務所の売り込みにシフトして行っちゃうんじゃないですかね。そしてドラマや実写のように、アニメも殺すと。(映画の吹き替えには来ないでくださいね!まあ、来たところで字幕が多いからあまり関係ないですけど。)

で、今回、中村獅童は役者だから普通に上手いと思ったが(魔毛が根が間抜けだったのが残念だが。)、関根麻里はやっぱり違和感があった。無理にアニメ声にしているというか何と言うか。
そういえば、声優たちの高齢化が問題になってるから、このまま不二子の声優が関根麻里にスライドするなんてことも起こるのかな・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/451-fd17f06c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。