プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪かきは重労働
ただ今、大学の長い春休みで~ 週6日休み日曜のみの土建のバイトやってるけどキツイわな。
まあ、それはともかく、昨日は、積雪40-45㎝くらいの山道の雪かきやって、ぼた雪だ、何だで重労働。はがしたモルタルの残骸運び出す方が未だ楽だわ。

それはともかく、雪かきは重労働。雪が降る地域にとっては常識。で、このニュース↓
■雪かき募集 参加費千円。宿泊実費  痛いニュース

 高山市高根町(旧高根村)のペンションオーナーが、地域の高齢者宅で雪かきを体験してもらう「雪またじ体験塾」を初めて企画し参加者を募っている。同町は高齢化率は合併後の高山市で一番のうえ雪深さも有数だ。高齢者のための雪かき支援とつなげる体験イベントに、地元の社会福祉協議会職員も「継続的な雪かきへのきっかけになれば」と期待を寄せる。(中沢一議)

(中略)

 一昨年3月までは地元に高根中学があり、十数人の中学生が学校行事として2日間、手分けして高齢者宅の雪かきを手伝ってきた。だが、統廃合で朝日中学に統合され、雪かきはなくなった。そんな中で地元有志がこの冬、有償ボランティアの「雪おろし隊」を結成。1時間1500円で希望者を募ったところ、すでに4、5軒から申し込みがあった。 松原さんは「体力自慢の街の人に来てもらい、雪またじを通して雪国の暮らしを知り、お年寄りと気持ちも通わせてもらえれば」と話している。
 雪かきの体験先は社会福祉協議会高根支部で調整する。同支部の中林力さんは「山あいの家の裏には石垣があり、家と石垣の間の雪はなかなか消えない。雪またじをしてもらえたらそのぶん、春が来るのも早くなる。まずは実情を知ってもらいたい」と話している。参加費千円。宿泊実費(7300円前後)は別。申し込み・問い合わせは塩沢山荘(0577・59・2620)へ。
http://mytown.asahi.com/gifu/news.php?k_id=22000000802270003
 企画したのは、高根町池ケ洞の標高1100メートル地点にある「塩沢(しょう・ぞう)山荘」の松原正人さん(50)。3月1~2日にかけ地元に宿泊し、雪またじ(雪かきを意味する飛騨地方の言葉)の座学と実技指導を受け実体験する。参考にしたのは、新潟県で実施されている大がかりな雪かきボランティアだ。「雪かき道の指南書」を作成し、道具と使い方のレベルで「昇級制度」まで設けボランティアを育成する力の入れよう。現実の雪害防止にも役立っているという。高根町には現在約540人が暮らしている。65歳以上は45%。集落によっては積雪も1~2メートル。ここ数日の降雪でさらに増え、雪かきに困っている家は少なくない。
http://mytown.asahi.com/gifu/news.php?k_id=22000000802270003


(゜Д゜)?

雪かきして、1000円もらうんじゃなくて、参加費1000円払って、さらに宿泊費まで取られる!?
何、この殿様商売通り越した商売は。

この提案したペンションのオーナーは上手いこと考えたとか思ってんのかなぁ。未だボランティアで募集する方がわかるわ。バカはひっかかるかもしれないけど。
商売やるなら鷲宮町商工会を見習った方がいいんじゃないかなぁ。


スレタイでわかっちゃうけど、素で読んだら、一読では混乱してただろうな・・・ なんで、金払って重労働せにゃならんのよ。賃金とみれば1000円でも安いわ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/469-53797f3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。