プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは新しい・・・ のか?
「日本人は反省能力の無い民族。謝罪・反省を求めるのはもうやめよう」という論文が韓国で話題に … 黒田勝弘   2ch東亜板

■【緯度経度】ソウル・黒田勝弘 対日太陽政策のススメ?
 韓国の若手外交官が書いた日韓関係に関する論文が最近、ソウルで話題になっている。その内容を簡単にいうと、「日本人は本質的に過去に対する反省のない国民性の民族だから、謝罪とか反省などは求めても仕方ない。したがって両国関係の改善、発展のためにはそんな無意味なことをするより、われわれが一方的に日本の過去を許すという寛容な態度を示す方が効果的だ」というものだ。論文は北朝鮮に対したように「日本にも“太陽政策”を!」と提案している。
 あす日本を訪れる李明博・新大統領も先に「自分としては日本に謝罪や反省を求めるつもりはない」と明言していることもあって、論文はあらためて関心を引いている。
 筆者は現在、外交通商省外交力量評価団に籍を置く鄭然宅チーム長(48)。ソウル大卒で91年に入省、これまで日本の早稲田、慶応大への留学や、横浜総領事館勤務など日本経験は6年になる。
 論文はもともと「韓日過去史葛藤の診断と解決法の模索-日本国民性の深層分析を通じ」と題されたもので、外交通商省職員に毎年与えられる大臣賞を昨年受賞し、月刊雑誌『新東亜』4月号で紹介され、話題が広がった。ちなみに雑誌での見出しは「日本の国民性では反省不可能/対日太陽政策が唯一の代案」となっている。
 さて論文がいう「過去の歴史について謝罪、反省しない日本の国民性」はどこからきているか。筆者によるとまず「万世一系の天皇が統治する神聖な国家という選民意識による自負心」からくる「無謬性(誤りがない)への執着」があるという。
 ついで「ウチとソトを徹底的に区別する集団意識とウチ内部での“甘え”のため、過去の罪は人間的、個人的に意識されることがない」からという。
 さらに、自然災害の多い農業中心社会からくる自然順応的現実主義によって「過去を忘れ“長いものには巻かれろ”という歴史に無知な非歴史的国民性ができた」から、ともいう。そのほか古代史以来の韓国(朝鮮)に対する優越感や、先の戦争にかかわる敗戦国としての根強い被害者意識も影響しているとか。
 そして、日本人の歴史認識は「このような彼らの精神の深層構造に存在する固有の日本的要因」からきているので、「われわれの期待とは異なり変化の可能性はない」とし、全く新しい対日政策が必要という。
 そこで出てきたのが韓国が近年、北朝鮮に対して実施してきた「過去の罪は問わず許しと包容の太陽政策」の日本への適用案というわけだ。
 筆者に会って話を聞いてみたが「韓国は“井の中の蛙”です。日本に比べ、すべてに基礎がなっていない。われわれに今、必要なのは日本批判や悪口、歴史的被害者を理由にした道徳的優越感などではなく、心を開いて日本を知り、日本に学び日本に追いつくことだ。それがわれわれの利益です」と熱弁をふるわれた。
 それにしても「“謝罪と反省を知らない国民性”などというのはどうかな。それこそ韓国人が好きな対日道徳的優越性という民族的快感ではないのか?」とイヤ味を言ってみた。
 これに対しては「自分なりに日本人の国民性について客観的に研究してみた結果です。ただ、韓国国民に対しては、この前提があってこそ対日姿勢の転換を呼びかけることができるということもある」と言う。
 同じ意味だろうが、論文でも「われわれの(日本に対する無条件の)許しの心はわが民族の品格を高め、限りない誇りになる」としている。
 彼も“過去離れ”を目指し、国内世論説得の論理および心情に苦労しているのだ。だから「どうしようもない日本人の国民性」論に首をかしげるより、この際“過去離れ”に向けた努力の方を評価してあげたい。
▽ソース:産経新聞 2008年4月19日付 6面


これは新しい。
まあ、その中身はいつものような自己投影なんですけどね。

「万世一系の天皇が統治する神聖な国家という選民意識による自負心」って、「半万年の歴史を誇る優秀な民族」のことだし、
「無謬性(誤りがない)への執着」って、「儒教の悪癖を受け継いだどこぞの国民性」そのまんまだし、
「ウチとソトを徹底的に区別する集団意識」って、日本のそれ以上に「ウリとナムを徹底的に区別する集団意識」を持ってるし、
「そのほか古代史以来の韓国(朝鮮)に対する優越感」って、記事中で黒田氏も指摘している「日本人に対して持ってる優位性」と何が違うんだ?

まあ、確かに日本人分析としては妥当な点もある。でも、それは白人国家と比較しての特徴で、日本と韓国を比較して現われる顕著な特徴ってわけでもないんだよね。むしろ、日本以上の悪癖というか。
長いものに巻かれろなんて最終的にリスクを減らす指針であって、実際の行動として韓国のように権力者にタカる文化なんて無いし。

とはいえ、これが新しいことに違いは無い。
その行動原理自体は変わってないとはいえ、外に向かってたのが中に向かうわけだから、外に居る我々日本人にしてみれば迷惑が1つ減るわけだし。

つうか、これ朝鮮の歴史じゃん。
明が潰れて清に支配されたら、その事実受け入れるために、「自分達こそが正当な中華の継承者」と内心で清を馬鹿にして支配されていたってことと。
自分達の屁理屈が通じないから、適当な理由作って自分誤魔化すみたいな引き篭もり的な。

そういえば、韓国側で特に火病について論じる時に出てくるのが「韓国人は我慢する民族だから溜め込んだものが~」という論説。
まあ、日本人なんかからすれば「どの口がそれを言うw」って、笑うレベルだが、常日頃から(それが正しいか誤ってるかは別として)自分の理屈を殺し、内心では「俺の方が偉いんだ」と思いながら、強者に媚びへつらう日々を送ってるってことなら納得。

まあ、結論として、ごめんなさい。やっぱ新しくないです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/482-08f2a3a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。