プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娯楽でも知識があるからこその思慮と笑い
■「ソ連って何?」「ナチスって何?」“若者の活字離れ&知的レベル低下”で映画字幕業界が四苦八苦  痛いニュース(ノ∀`)
主題の字幕の話は置いといて。

小学生の時、どこの学校の音楽室にも必ず飾られている有名な音楽家の肖像画の下にある出自に「ソ連」って書いてあって、音楽の先生に「ソ連ってどこ?」って聞いたっけなぁ。
私が生まれたときは、まだソビエト連邦あったけど、物心付く前に無くなってしまったのでその時は全く知らなかった。

というか、普通、自分で調べるなり、身近な人間に聞くでしょ?
よしんば、しなかったとしよう。そういう人間は自分の世代含めて今の若い世代に限った話じゃない。じゃあ、お前は何でこの映画を見に来たのかと?

そりゃ、ポケモンやプリキュアのアニメ映画見に行ってナチスとか出てきたら、疑問に思うとかもありえるけどさ、
普通、ソ連やナチスの言葉が出てくるとすれば、それ相応の映画でしょ。今回のやつはそれがスパイ映画だったらしいが。
知らないとすれば映画を楽しめたとは思えない。仮にそんなのが「面白かった」「つまらなかった」なんて感想言ってもねぇ。

問題は馬鹿がいることじゃなくて、その少ない馬鹿に製作サイドが合わせたり、馬鹿が何を気取って映画を見に来て製作側に文句をつけたかだ。
別に映画を見るなとは言わないが、見て理解できなかったら、まず自分の無知を恥じろと。(まあ、私もあんまり偉そうに人に言えることではないが。)

昨今、新聞もひらがな増えて。書くならともかく読むのなんか、そう覚えればそう難しくないだろうに。

別に映画に限らず、どんな物にもでも前提知識は必要だ。それが娯楽だから~で済まされる話じゃない。
落語の中には、深草少将で笑いを取るものもあるが、あれだって逆に言えば、江戸時代の庶民が深草少将を知っていたことだし。
一見すると、インテリの嫌味に聞こえるが、一定水準レベル以上の知的な笑いってのは一般人レベルで必要なのだ。

ジョークなんかも理解できないでツマラナイって言ってしまう人が多いが、前提知識持ってれば笑えるのがたくさんあるのになぁ。
洋画の会話の節々に現われる些細なジョークが邦画に皆無なのは、文化の違いだと思ったが、案外、そこにあったりして。

直接関係無いが、こないだもネットで、日本の武装云々に関連して、岡倉天心の一文「日本が風流を嗜んでいたとき、西洋はこれを野蛮人だといい、満州を攻めたら文明人だという(要約)」を、「先進国ってのは軍事力も持ってないといけないってことだぞ」みたいな主旨で引用していた馬鹿もいたしなあ。どう考えてもそれは岡倉の皮肉だろうと。その皮肉自体は笑えるものだが、こういう引用されてしまうから笑えない。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/485-e7a1a1a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。