プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟹工船についてグダグダと
沖縄タイムスコラム「大弦小弦」

 「蟹工する」「まるで蟹工だあ」とは、非正規雇用の若者が労働条件の厳しさを嘆く時に使う言葉だという。小林多喜二の「蟹工船」から広がり、今年の新語・流行語にも選ばれた▼同じく新語・流行語のトップテン入りしたのが、権限もなければ報酬もない「名ばかり管理職」。景気悪化のスピードは速く、最近では「名ばかり正社員」が問題になっている▼年末になって非正規の契約更新を拒む「雇い止め」、契約を途中で打ち切る「派遣切り」も容赦ない。通ずるのは格差社会。これが今の時代を語る言葉なのだろうか▼都道府県間の人口移動報告を見ると、県内からの転出で顕著なのが愛知県だ。自動車産業への出稼ぎとされる。その東海地域で雇用情勢が急速に悪化、非正規削減の動きが進む▼愛知県にある個人加盟の労働組合が実施した「派遣切りホットライン」では、相談者の三割近くが沖縄出身だったというから深刻。サブプライムローンに端を発した問題は、近い将来、県内の失業率悪化という形で目に見えるものになるかもしれない▼連合総研の調査では、働く人の四人に一人が失業の不安を感じている。日本のリーダーたちが「格差の何が悪い」と言っているうちに、正社員にもリストラの波が押し寄せる。雇用不安がリアルに膨らむ年の瀬だ。(森田美奈子)


「蟹工する」「まるで蟹工だあ」とは、非正規雇用の若者が労働条件の厳しさを嘆く時に使う言葉だという
知らんがな。安部っちゃおうかなー がフラッシュバックする。

まあ、このコラム自体に他にも突っ込む要素はあるのだが(サブプラと格差社会は全く関係無いだろ)、まあ、しょせん、沖縄タイムスだし、これは置いといて蟹工船の話。


私は基本的に創作をイデオロギーに直接的に結びつけるのが嫌いだ。
弱者が団結して強者と戦う。まさに完璧に人々を魅了する素晴らしいプロットだと思う。古くはイソップの猫に鈴、近年はプリズン・ブレイク、腐る程ある。
そんなプロットの古典を用いた作品が今更持ち上げられてブームになるという流れが気に食わないし、そもそもそんなに流行ってるものなのかと疑わずにいられない。
去年、多喜二の没後何周年かに合わせて(あと格差社会がどうのこうのと合わせて)蟹工船をアピールしていくみたいな話を見てるせいもあるかもしれない。共産党に若者が少ないから、若者向けに蟹工船でてこ入れして、入党する者を増やす、その一環として漫画化するみたいな話もあった。

その時は馬鹿げた話だと思ったが、現に蟹工船は売れて、共産党への入党者が増え、ユーキャンの流行語大賞にまでなってしまった(実態はどうか知らないが)。まったく気に入らない(苦笑)
別にこれに限った話じゃないが、ブームは所詮マスコミが作るもの。今回の蟹工船ブームも、どんなに客観視しても自発的なブームであるとは言えない。結局、利用したい奴がいるのが常で。

どうも、少し前なら老舗ホテルの従業員、今なら期間工の解雇で組合を結成するとかで登場する人物たち、を見ると、何か操られているようにしか見えないという。私の性格が歪んでるせいってのが9割あるんだろうけど、(明らかに組合員のソレであるホテルは別にして)期間工の方は、その道のプロに利用されているようにしか見えないんだよね。トヨタの駒にされて、今度はプロ市民の駒にされて大変なことで。

そう結局のところ駒にされる。

私は別にトヨタがチョー優良企業で、社員を物凄く大切にする会社だと言うつもりは無い。また、サブプラという世界経済の後退で直接トヨタに非は無いが、それでも問答無用で首を切られる期間工を可哀相だとも思う。だけど、それを利用して取り込まれるのを見て、同情心は湧かない。テキサスの阿呆が言い間違えた言葉(私を一度欺く者には恥じあれ、 私を二度欺くことあれば私に恥じあれ)が言い得てる。


ちょっと話は変わって、今回の沖縄タイムスの記事を扱ったところの反応を見るとまずあるのが自己責任論。
より具体的には、「高校、大学(あるいはもっと小中から)と、遊んでいて勉強をせず、就活もまともにしなかったのに今になって危うくなって社会のせいにするなよ」という感じの意見。
でまあ、必ず来る返答は「今のお前はどうなんだ?」というような感じなんだが、自己責任論に立つ人間にしてみれば的外れなんだ。

例え、今の自分が、東大出のエリートだろうが中学からの自宅警備員だろうが、過去の自分が原因であるということを甘受するってのが自己責任論者であって、だからこそ、その責めを過去の自分ではなく社会に向けるという輩は、その手の人間が見た場合に気に入らない(もちろん、自分の非を認めた上で、なお社会が悪いと考えている人もいるかもしれないが)。もっと言うなら皆大変なのに、自分の権利のみを主張し、社会全体を蝕む輩であると写るだろう。これは某メスゴリラの「世の中に不満があるなら自分を変えろ それが嫌なら、耳と目を閉じ口をつぐんで孤独に暮らせ」が言い得てる。

他人のせいにする前に自己を省みただろうか?胸を張って学生の頃の自分は勉学に勤しんでいたと言えるだろうか?決して妥協せずに就職活動を行なったと言えるだろうか?それでなお、社会の理不尽に巻き込まれたと言うなら自己責任論者だって認めよう。

ちなみに私は言えない。だから、社会のせいにはしない。

まあ、いい加減な性格だから10年後には共産党に入党してるかもしれないが、それはともかく、若い頃に遊び惚けて今ピンチになっていて自身にその自覚が無い奴、まして、それを格差社会だと喚いて、他者のせいにする奴には同情の余地なんて無い。大体、そんな馬鹿は社会のせいにしたところで、資本家からマスコミや赤い貴族に良いように利用されてるだけで、その実態は何も変わってない。

人道主義者や理想論者はこぞって、人は平等と言うが人は平等じゃない。先天的な物は仕方が無いとしても、補正はできる。その方法は明らかだ。本を読むなり、時勢について広範な知識を得るなりすること。無知なやつは中身が無いから誰かに利用され、結局、自分を損なうだけ。それどころか、自分の無知を差し置いて社会のせいに、挙句の果てに強権的な態度をとったり法を破ったりして義賊を誇ることに正当性なんて無いのだ。

というわけで、蟹工船より学問のすゝめ読もうぜ!(自分で言うのもなんだが、何このオチ)

まあ、蟹工船ブームについては、逆に言えばしょせんブームだから、一過性で終わると予想してますが。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/523-0e11b8fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。