プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己責任論とは何か
先月の初めに書いた「蟹工船についてグダグダと」の後半で述べた自己責任論について改めて書いてみたいと思う。

まず先に言えば自己責任論は責任論ではない
もし、責任論とするなら、自己責任においてそれを解決するのは(すべきなのは)自己しかいないのだから、これを救済しようとする人たちにも非難が行く。情けは人のためならずの誤用というところか。
ところが、実際に今回の派遣問題にしても、彼らを罵倒することはあっても、彼らを救おうとすること自体に非難がいったという話は知らない(「派遣村」は別だが)。それこそ、行政が異例のハローワーク延長や公共物の貸与を行なったら、税金の無駄だと非難されるはずである。もちろん、そういう人が皆無だったとは言わないが、流れを形成するほどにはいない。

自己責任と言う言葉が(特にネット上で)大きく出てきたのは、イラクの3バカ誘拐事件においてだが、この時、別に誘拐された時点においては自己責任論はあまり聞かれなかった。この件で自己責任論が大きくなるのは、日本政府の働きなどによって無事に解放された後に、3バカたちが感謝するどころか誘拐された原因を日本政府に求めたからだ。折からの家族の言動もあっただろう。

もし本当に自己責任なる責任があって、多くの日本人(まあ、特にネット世論)が常にそれを責めるべきだと考えているのであれば、この後にも邦人誘拐(中には殺害された場合もあったが)などがあったが、その場合にほとんど自己責任論は出てきてない。自業自得という言葉こそ多かったが。

では、自己責任論とは何なのか?

今回の「派遣村」にしろ、昔のイラクの3馬鹿にしろ、自己責任論が出てきたのは、いずれも当人達が他者(政府、社会)のせいにした時だ。かつ、その原因の一端は確実に当人にも問題があった場合だ。

つまり、自己責任論というのは自己が原因によって生じた結果の責任は自己が負担すべきだ(「個人は自己の選択した全ての行為に対して、発生する責任を負う」)、という意味ではなく、「他者(社会)に原因を求める前にまず自分に原因が無かったかを考えろ」という論拠であって、罵倒語、レッテルに近い。ただ単なる罵倒語やレッテルと違うのは、実際にその指摘が往々にして事実ってことだ。自業自得なのは事実なのだから

ゆえに自己責任論者に「今のお前はどうなんだ?(昔のお前はどうだったんだ?)」とか「お前が同じ立場ならどうだ?」と言った言い返しは的外れになる。自己責任論の本質は、実際の責任の所在ではなく、「他者のせいにする前に自分に原因は無かったかと考えるべきだ」と思考過程に対する指摘なのだから。端的に言えば自己責任論者は、他者のせいにする前にまず自分に原因では無かったかと考え、自分に原因があると考えた場合に、それを他者のせいにすることは恥だと考える(実際にどうかは知らんけどね)。

だからこそ、自己に原因を求めず他者にのみ原因を求める輩(少なくともそう見える場合)は、自己責任論者にとっては、神経が図太く破廉恥で救いようの無い無礼者に見えてしまう。ただし、救いようの無いと思っても救いの手が差し伸べられること自体に非難はいかない。

もっとも、これは議論の縮小化の原因になったり(内に向けた時点で論点にならないから)、他者にも問題がある場合(他者か自己かどちらかのみに問題があるなんて例は少ないだろう)には大きなデメリットとなりうる。特に前者に関していえば自己責任論自体が出てこないわけだ。ただ、逆に自己責任論が跋扈する時には、再三言うように、事実として自業自得的な側面があるのだから自己責任論自体を否定することはできない。


3バカがしばらく経った後に、「自己責任」とか言う書籍を発行し、その中で相も変わらず「政府は助ける義務があるんだ」「だから俺は悪くない」と連呼しててウンザリしたことがあったが、これは実に悲劇だと思う。実際に政府には国民を守る義務があるのだから、政府の勧告を無視したどうしようも無い連中でも助ける必要はある。そこに自己責任という概念は関係無い。だから、この主張は確かに正しい。ところが、残念なことに自己責任論者は、政府の義務は否定してない。だって、最初にも言ったように自己責任という厳密な定義での意味なんて自己責任論には関係無いのだから。

その他者に原因を向ける行為こそが自己責任論への燃料であって、かえって自己責任論の非難をかわすどころか、自己責任論の指摘する問題を繰り返してるだけになってしまう。だから、分かり合えない。実に悲劇だ。

自己責任論者は、「自己責任」の語が持つ正しい意味をわかってない。自己責任論者に嫌悪感を示す連中は、自己責任論が指摘する意味を理解することができない。そして、その齟齬は、噛めば噛むほど広がっていくという再帰性を持つから手に負えない。

情けは人のためならずと同じで誤用がまかり通ってるのが問題なんだけど、さりとて、言い表すのに良い語があるわけでもなし。まあ、議論なんて9割方噛み合ってないんだから、何をいまさらだが。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/532-4b1549ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。