プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙媒体はこの先どうなるか
どっかの局長が日本人は紙質や装丁に拘りがあるから電子書籍は失敗すると言ったがどうだろうか。
確かに日本人は紙媒体に拘ると思う。だから「電子書籍が主流になっても紙媒体は失われない」だろう。

これは紙媒体が失われないことを意味するのであって、電子書籍が失敗することは意味しない。
その辺の見通しの甘さが、電子書籍よりも出版業界のネックだと思う。

ただ、電子書籍が主流、そこまで行かなくともある程度に流通するようになれば、当然、割を食った分だけ紙媒体は減る。コストを見たときに、紙媒体の方が高いのは言うまでもなく、さらに一部の層のために紙媒体を発行し続けるとなると、購買者一人当たりの固定費の割合は当然高くなる。値段が上がれば、さらに安い電子辞書に流れるだろう。出版業としても紙と電子の両方を扱うなら電子の方へ特化していく。

短期で見た場合に電子書籍が大成功し、紙媒体が消えるなんて馬鹿なことは怒らないだろうが、長い目で見た場合には紙媒体が排斥されてしまう可能性は十分高いと考える。

紙媒体派の自分にとってはキツい。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/566-519839e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。