プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党に関し色々と
既に言われてることですが、改めて今回、自民党が勝ったのは一重に民主党の不甲斐無さだと思います。

そしてそんな民主党の敗北は、選挙の仕方の不味さと小選挙区制に尽きると思いますけどね。
選挙の仕方の不味さと言うと、小泉首相の郵政一点化云々言いますが、共産党は「確かな野党」社民党はいつもながらの「護憲」で、これまたテーマの一点化だけど、選挙前の議席数を維持してる。(社民党に至っては比例東京ブロックで1議席得したくらい)

また、訴える内容は多岐の方が良いという、つまりはマニフェストなんかがその最たる例なんだけど、マニフェストだって前回の参院選の民主党の選挙戦略に過ぎない。そして、確かに前回はそれで成功したのかもしれないが、今回にまでそれを引きずって失敗した。

今までだって、日米安保や消費税がクローズアップされたことがあるんだから、選挙後に郵政一点化云々は言い訳にしか聞こえない。

そして、主張がぶれたのは敗因としては大きかっただろう。都市部で強かった民主党が惨敗したのも忘れちゃいけないわけで、、、、
(そういえば北海道は民主党が勝ったから、「北海道民の民度は高い」「開拓者なだけはある」とか言ってる人がいたなぁ。)

また、惨敗、惨敗と言っても、得票率で言われるようにそんなに民主党は大敗したわけじゃない。 あくまで小選挙区制の問題。
しかし、その小選挙区制を推進したのが小沢一郎や岡田であり、それに反対していたのが小泉首相だったからこの点を指摘して批判できないようで。

それでも一応、私は二大政党制支持者ですから、民主党には頑張って欲しいですけどね。
政権交代の為だからと言って自民党批判をするために、審議拒否までするような体質を改めてですが。


自民党の右派左派が混じったり、民主党の右派左派が混じった状態の二大政党制は簡便。 右派なら右派で、左派なら左派でしっかりわけてこそ二大政党制の価値があると思うので。 それは今の民主党が端的に表してますが、左は旧社会党から、右は西村氏のような人までと。(そして、自民党はあくまで派閥によったけど、民主党の場合は執行部が左寄りと性質が悪い。)
そして、仮に民主党にその西村氏が党首になったとしても、二大政党制の意味が無い。二大政党制は遠そうです。
党首といえば民主党の党首選が明日らしいけど。
■菅・前原氏一騎打ちへ、小沢氏は見送り…民主代表選 読売新聞
小泉首相との漫才を再び見たいので、菅直人にネクスト総理大臣になって欲しいけどw
菅が党首になったら、今度こそ民主党は終わりだと思います。結局、菅では民主党執行部の問題点が一切解決されない。

若手と言う点に関しては菅が、岡田じゃダメだったみたいなことを言ってますが、
そもそも、岡田は若いからじゃなくて、真面目だからという対抗だったはずですよ?
(年金問題と小泉首相の人物評に対するために、あの時はまじめという選択は悪くは無かった。)

まあ、民主党が再興するには、前原氏が党首になるべき。

おまけ
菅へ

この手紙をもって僕のネクスト総理大臣としての最後の仕事とする。
まず、民主党惨敗の原因を解明するために、占い師森田に分析をお願いしたい。
以下に、衆院選についての愚見を述べる。
衆院選を考える際、馬鹿な国民はあくまで自民党に踊らされたという考えは今も変わらない。
しかしながら、現実には僕自身の場合がそうであるように、
それに気がついた時点で民主党苦戦状態だった選挙区がしばしば見受けられる。
その場合には、怪文書を含む妨害工作が必要となるが、残念ながら未だ満足のいく成果には至っていない。
これからの民主党の飛躍は、密入国者末裔特定アジア人の参政権の実現にかかっている。
僕は、君がその一翼を担える数少ない政治家であると信じている。
能力を持った者には、それを正しく行使する責務がある。
君には民主党の発展に挑んでもらいたい。
遠くない未来に、中国様の望む通りA級戦犯が靖国から分詞されていることを信じている。
ひいては、僕の右手のホワイトバンドをはずした後、君に「ほっとけない(中国)」のシンボルとして役立てて欲しい。
「我は生けるフランケンなり」。

なお、自ら自民革命闘争の第一線にある者が革命をできず、
白目画像をキャプされ愚民に笑われながら辞任することを心より恥じる。

岡田 克也

ちなみに、1つ前のエントリーで財前の遺書を書いたのはこのためだったり。
(この遺書は、もともと気に入ってますけどね。)
スポンサーサイト

テーマ:何がしたいの民主党 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/70-e97dd530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。