プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は二大政党制に近づいたんじゃないの
さて、前原氏が菅直人氏を破り民主党の新しい党首になったわけですが、
菅氏が負けて、小泉首相との漫才を見る機会が減ったのはとても残念なことだけれども、前原氏が新党首になったのは良いことだと思います。

ところで「前原氏って誰?」「民主党と自民党が対して変わらない」みたいな意見が多いように感じますね。

じゃあ前原誠司ってどんな人?

前原誠司ってこんな人。
民主党らしく(?) 外国人参政権賛成派で靖国神社参拝反対派であり、東アジア共同体支持者でもある。
そして、かつては同和推進副委員長だったりもした。(そして、今回の選挙でその経歴を消したのがバレて少し話が持ち上がったりもした。)
対中ODAの打ち切りにも反対だし、北朝鮮への援助打ち切りも反対。

じゃあ、それこそ社民党みたいに「九条を守れ!」「自衛隊廃止!」なのかといえば、

「まずは九条を改正しないといけない」と言うほどの憲法改正派であり、
北朝鮮に対して「経済支援の打ち切りは反対」でも、北朝鮮の脅威に対しては「敵基地攻撃能力の保有を検討しろ!」と言う、有事法制賛成派。
(というよりも、民主党が基本的に有事法制に賛成の立場を取った立役者らしい。)
そして、核武装も肯定するネクスト防衛庁長官。

「わー はっきりしないスタンス!」ってパッと見はそう思う。
しかし、これが真の意味での社会民主主義者と呼ぶのではないか?(-@∀@)

そもそも、日本の左翼と呼ばれる勢力が異常ですから。
社会主義は、政治理念が保守派と違ったって、あくまでその国の国益になることを目指す。
だから、国家の根本をなすようなことは、微妙に違いはあってもやっぱ同じスタンス。

例えば、米国の共和党と民主党、英国の保守党と労働党、フランスの社会民主党党と国民運動連合、或いはドイツのキリスト教民主同盟と社会民主主義政党
という感じで、二大政党制(あるいは多党制における最大与党と最大野党)は、右派と左派に分かれてる。でも、どっちが政権をとったところで、米国は米国だし、英国は英国。
左派が政権を取った途端に、共産主義国家になるわけじゃない。 まして軍隊を解散などしない。国益に反するようなこともしない。
米国の民主党が政権を取ったって、米国が戦争をやる可能性は減らないし、隣国に妥協なんて絶対しない。

ところが、日本でいう所の左翼は違った。
まさに日本人がイメージする左翼とは「非武装」や「非抵抗」で、特に中国に、ただただ従うイメージ。
社民党に至っては拉致は無いと将軍様が認めるまで、、、いや認めた後でさえ「あれは従軍慰安婦を真似た」などとふざけたことを言うくらいだ。
実際に攻められた場合などどうするかというごくごく当たり前な有事法制は、戦争をできる国にするから反対。国益なんざそこにない。
だから、外国を引き合いに見ればただただ当たり前の社会主義者(ないしリベラル)とも言える前原氏が、変なスタンスに思えてしまう。

あと、それに伴って、「二大政党制では何が何でも与党と野党の考え方は違うというイメージ。」ってのも払拭できないといけないと考える。
例えばさっきもニュースで前原氏について、憲法改正など小泉首相と同じスタンスで、対立軸を明確にできるのか?みたいなことを言っていたけど、
そりゃ同調部分だってあるのが普通。逆に、先にも述べたように靖国神社参拝には反対なんだから、小泉首相のスタンスとは全然違う。

そういう所を無視して、左派は民主党も自民党と同じだから、二大政党制の意味が無い。みたいなこと言うし、
逆に右派が、民主党が保守的になったと喜んでいるのも筋違いとしか言いようが無い。
(私は二大政党制を肯定しつつ、民主も保守になって良かった。というのが一番嫌いですね。)


だから、前原氏くらいのスタンスの民主党を作れば、民主党を左派にして、自民党を右派とする二大政党制が完成するのではないかと。
自民党は自由主義経済を標榜し、制限を減らして競争を促す。逆に民主党は高負担を掛ける代わりに高福祉を行なうことを目指す。
そして、それを国民が選ぶ。 決して、今までのような当て馬としての最大野党なんてことをせずに。
(今は赤字の財政問題があるから、どちらをとっても増税になるのは致し方ないが。)

二大政党制は遠のいたとも言われるけど、案外、真の意味での二大政党制に近づいたのかもしれませんよ?
スポンサーサイト

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/71-b2c7ea4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

民主党代表選挙

いや~、ビックリしましたねぇ。永田町にも40代のニューリーダーの誕生ですか。その名も・・・民主党:前原誠司新代表(43)とにかく若いっ!自民党の次世代のリーダーが 徒然なる日記 -明日にゃ明日の風が吹く-【2005/09/18 10:28】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。