プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党「新憲法草案」の所感
まず前文に関しては、直接効力がないから今のままで良いっていう意見には賛成できない。あれは国際社会に日本は問題ない国ですと認めてくださいっていう受動的な文言だから。国家が受動的じゃ困るよ。

それで新前文に愛国心というのは個人的には嫌ですね。軍国主義がどうのこうのではなくて、国家という無機物に対する愛情ってのが何とも。まして、中途半端に軟化して「国を愛する国民」と来た日には気持ち悪い。
まあ、愛国心というのは国家というシステムに対する愛情ではなく、文化や風土に対する愛情ってことなんだけど、ただ「愛国心」と来られるとやっぱ私にはキツイ。

ただ逆にじゃあなんで愛国心(文化や風土に対する意味でね)という文言を盛り込む必要があるのかといえば、国家や社会に対する責務や義務を国民は持たなければならない。ってことなので、「国民の責務」とかかれた事に関しては私はかなり良いと感じます。


九条に関しては従来どおり二項の削除で、一項には手をつけないみたいですね。まあ、一番ネックなのは自衛隊を軍隊と認めるかどうかなので順当だと感じます。
最後に述べるように、はじめから集団的自衛権の問題など一度に解決できるわけがない。現行の憲法は問題がありすぎるのだから。

にしても国防軍が良かった・・・
でも、自衛にしても国防にしても、わざわざ付ける必要があるの?と思う。別に、国内の呼び方は陸海空軍で良いじゃない。自衛隊のときはしょうがないとしても軍隊になるなら。軍隊は"軍隊"なんだから、わざわざ名前を付ける必要がある?


今回の草案では賛成派が足りないと文句を言ってるのは理解できますけどね、
ただ今の憲法ってのは改憲の方法すら曖昧な硬質憲法ですから、内容云々よりも現状打破が大事だと思うわけですがね。
物事には順序や流れがあるわけだから、「はいはい改正したからこれで当分いいだろ」と来た時に非難すべきですよ。はなっから現法の問題点をすべて解決できるわけじゃないんですから。60年の錆はそうそう簡単には落とせない。

3~5年に衆参改選に合わせて少しずつ改正していくのが理想的じゃないでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ:憲法改正論議 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/91-5a7eae9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。