プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新内閣&中国のタカリ&外務省改革
まず新内閣について軽く所感。
・ついにやったね、安倍ッち!
・やっぱあんた面白いよ、麻生さん
・残れなかったのは残念だマッチー
猪口は、南野みたく無能さらして刈り取る為か?

全く法律知識もへったくれもないで、単に女性ってだけで法務大臣になった南野知恵子氏。誰もが首を傾げた。なんか大臣でこそ無いけど、あの時と軽くデジャブを感じたのは私だけかしらん?
あのケバイ青色ドレスを着て、いかにも「私はここまで上り詰めたのよ!」的な野心が怏々と表れてる猪口の顔がアップで映った場面では鳥肌が止まらなかったよ。


さて今回のエントリーの本題。
■遺棄化学兵器処理費 中国要求丸のみ巨額化 YAHOO(産経)
法外な森林伐採代償/プール付き宿舎
 中国に旧日本軍が遺棄したとされる化学兵器の廃棄処理問題で、中国側の要求を丸のみした結果、日本が拠出する処理費用が野放図に巨額化している実態が、内閣府の資料などからわかった。例えば施設建設に伴う森林伐採では、国際価格の数十倍という法外な代償を認め、要員宿舎はプール付きの豪華版としている。事業は今冬にも施設建設に入るが、費用の不透明性を残したまま見切り発車すれば、予算の垂れ流し、税金の無駄遣いにつながるのは必至だ。(長谷川周人)
 内閣府の予算関連資料によると、吉林省敦化市郊外のハルバ嶺で建設が予定される処理施設の「インフラ整備諸費」(共通施設分)に今年度、十八億五千万円近い予算が計上されている。
 避難路や要員宿舎の整備費用の一部に充当されるが、関係者によると、用地造成に伴う森林伐採で中国が要求した代償は「シラカバ一本百ドル」。しかし、シラカバは一般に製紙用以外に用途がなく「樹齢にもよるが二、三ドルが国際相場」(製紙業界関係者)とされ、日本は常識はずれの費用負担を強いられている。
 また、要員宿舎は「事業終了後の払い下げを見越し、地元当局から強い要望があった」(関係者)として、2LDKの豪華版で、プールなどのスポーツ施設が併設される予定だ。
 また、「環境関連諸費」(約千五百三十万円)の内訳をみると、「マクロ気象観測費」(約三百三十万円)と「ミクロ観測機器・機材整備費」(千二百万円)だが、気象観測といっても、中国軍の「気象専門員」が百葉箱を使い、気温や風向などを定時放送するというもの。日本側が「無意味に近い」と改善を要求したところ、中国側は「ならば地表温度なども計測しよう」と提案、新たな資材購入費として千二百万円を計上することになったという。
 このほか、中国はハルバ嶺に軍医療班を派遣しているが、絆創膏(ばんそうこう)一枚でも、日本人スタッフには「(解毒剤などが入った)段ボール三箱分の医薬品がセット売り」となる。しかも、なぜか産婦人科医を含む医師団は北京から送り込まれ、これら全経費が日本負担となっている。
 遺棄化学兵器の処理事業で、日本は今年度までに約九百七十億円を投入。処理方法を検討するなど準備を進めてきた。外務省によると、保管作業は昨年七月までに三万七千発分を終えた。
 今後は残る砲弾の回収と並行し、実処理を行う施設の建設に移るが、回収施設だけで九百七十三億円の建設費がかかることが判明している。このほか燃焼処理を行うメーンの前処理施設のほか、燃焼時に発生する汚染ガスの処理に環境対策費なども必要で、総事業費は「一兆円規模」との試算も出ている。
 しかし、遺棄砲弾数は二百万発と主張する中国は、その根拠すら示さず、情報開示を先送りしている。七十万発と主張してきた日本は独自調査に基づき三十万-四十万発と下方修正する方向だが、遺棄兵器の全容は見えていない。
 関係者からは「中国にとって処理事業は“金のなる木”。中国の機嫌ばかりを気遣う官僚の事なかれ主義を是正しなければ、いつまでも無駄な予算を垂れ流すことになる」と批判も出ている。

ただ要求を飲めば図に乗る中国。 いや、図に乗ると言う言葉を使うならば韓国の方が的確かな。
中国の場合は、どこまでがボーダーラインかを測ってるように見える。「このくらいまでするとどうだろう?」「これは有効なカードとなりえるだろうか?」を常に行ってる。(ってか、まあそれが外交の基本なんだけど。)
で、日本はとにかく強気に出ていれば、たとえ自分たちに分が無くても、土産までもって妥協する。と、信じこんだら、呉儀の様な失敗を起こしたりもしたが。

まあ、成功してるにしても失敗してるにしても、とにかく中国のやり口はしたたかである。で、肝心なのはそれに対して日本の外務省のふがいなさ。いや、これは不甲斐ないなんていうレベルの物じゃない。まるで中国政府の出先機関じゃん。まさにチャイナスクール。
無論、確たる根拠も無く片付けると約束した河野も問題だし、これだけの税金が使われるにもかかわらず報道しない(産経以外の)マスコミ。そして、これを追及しない野党。
まさに与党を攻撃する材料としてこれほど効果的な材料がどこにあるって言うんだよ。社会保険庁よりも効果的だぜ?(ただ、今後、前原代表なら材料に使うかもしれない。)

それでも、やはり直接関与する外務省がこんな馬鹿げてるなんて笑い話にもならんよ。さすが二日酔いで奇襲という口実を敵に与えただけのことはあるよ。

さて、そんな外務省に対して色々と楽しませてくれる小泉でさえ何もしないのか?と言うところで、数日前のこのニュース。
■ODA、首相直轄に「戦略本部」を新設 政府検討 北海道新聞
 政府は二十九日までに、外務省から海外資金・技術協力部門などを切り離し、政府系金融機関改革の再編対象となっている国際協力銀行の政府開発援助(ODA)業務と統合し、首相直轄の「ODA戦略本部」(仮称)を新設する案について検討に入った。官邸主導で資金協力を絡めた総合外交戦略の構築を目指す。
 小泉純一郎首相が改革総仕上げの一つとする政府系金融機関の統廃合・民営化をめぐり、経済財政諮問会議の民間議員や竹中平蔵経済財政担当相らが事前協議する中で浮上した。
 民間議員らは「日本輸出入銀行と海外経済協力基金を国際協力銀行に統合した効果は小さかった」として、同銀行の解体を主張。ODAなどを扱う同基金を、外務省経済協力局の関連部門とともに、新設のODA戦略本部に組み入れる案を検討することになった。
 戦略本部には、外務省所管の国際協力機構(JICA)や、経済産業省所管の日本貿易振興機構(ジェトロ)を加える案も出ている。
 与党内では、中国が多額の円借款を受けながら防衛力を増強していることなどに批判があるほか、外務省が日本の国連安保理常任理事国入りに向け途上国へのODAを絡めた戦術を取りながら難航していることに不満が少なくない。諮問会議の民間議員も「顔の見える外交」を求めており、今回の案は「戦略の欠如と無駄遣い」を仕切り直す狙いがある。
 ただ、外務省は「政権の性格によってODAが恣意(しい)的に使われる恐れがある」(大臣官房筋)と反発しており、調整が難航する可能性がある。

小泉GJ!!
さてソースの信憑性として朝日よりも左な北海道新聞と言うのが気になるところですが、もしこれが実現すれば外務省の権威はガタ落ちですね。(そもそも、何でとりわけ外務省は他の省庁よりも威張ってるように感じるのだろ?私だけかも知れないけど。)

まあ肝心な内容も色々と面白いけど、最後の一文読みました?
>外務省は「政権の性格によってODAが恣意(しい)的に使われる恐れがある」(大臣官房筋)と反発

アホか。
ODAを恣意的につかわないでどーする
つうか、今まで恣意的に使ってなかった・・・ つまり、ただ無造作にばら撒いてたってこった害務省は。
もっとも、正確に言えば中国様のためには恣意的に使っておられましたが。

無論、これが今の小泉内閣だからこその良いのであって、これがたとえばかの村山内閣のような性格の内閣になった場合には散々なことになるだろう。
しかし、少なくとも内閣は世論に左右されるというリスクがある分はマシであり、こっそり垂れ流せて強固な身分保障でリストラも無い、当然行動に対する責任なんてありゃしない外務省が管轄するという現状は解決される。


この件が進んでもっと明確になった時に、きっとその裏にある、、例えば今回ならば中国の要求どおりに馬鹿げた予算を使う外務省  といった改革にも繋がることを隠して、都合のいいように、マスコミは報道するのだろうな。
スポンサーサイト

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/93-c4035a13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。